読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代ひねくれ者のがん闘病記

性格が捻くれた30男のがん闘病記 転移で第2章スタート

離婚記

離婚6(事実の観測と結果の収束)

余り明るくない話なので、厭な気分になりたくない方は読むことをお勧めしません。

離婚5(結婚当日の心境)

そういえば、今日から丁度2年前に結婚届を出したのだった。 僕は病気が判明してから、一度結婚話をリセットしたほうがいいと思ったし、そうでなくても、籍をいれずに半年~1年程度様子を見たほうがいいと思っていた。元妻にも焦らずにしっかりと考えるように…

離婚4(結婚前の心境)

元妻が病人の僕と結婚してくれたことには心から感謝をしている。 当時の日記を読み返すと、僕は元妻のことを「ギャンブラー」のようだと形容しているが、ギャンブラーは少なくとも自分が勝つと思っているものに賭けるのだから、正しくない表現だったかもしれ…

離婚3(現在の心境2)

小林麻央さんのブログに 「ごめんね。病気になっちゃった妻で」 という記述があった。 この気持ちは痛いほど分かる。僕もやはりこの感情に苛まれ、病気である僕と結婚させてしまった元妻に対する負い目が常にあった。なので正直に言うと、離婚により僕は「夫…

離婚2(現在の心境)

離婚して大層落ち込んでいるかと言えば、さほどでもない。もちろん寂しい・侘しい・悔しいといった気持ちはあるが、比較的落ち着いているということだ。 今回の再発の時点で恐らくはこうなるだろうなという覚悟(諦念)があったのと、発病してからの2年間で…

離婚1(報告)

色々とあり離婚をすることになった。 今回の再発が決定的な原因になったのは間違いない。 入院・治療と並行していた事案なので本当に精神的に参った。 がん・離婚と人生で1度あるかないかのことが同時に進行していたのだ。 今はただ疲れた。 落ち着いたら少…