読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代ひねくれ者のがん闘病記

性格が捻くれた30男のがん闘病記 転移で第2章スタート

5/3 ゾンターク

今日から「博多どんたく」だ。しかし、残念ながらと言うべきか、予想通りと言うべきか、朝から雨が降っていた。どんたくシーズンは毎年いつも雨が降っている。ということで、体調も加味して行かないことにした。雨だと気圧の関係なのか頭痛になりがちなので、余り調子が良くないのだ。明日行けたら行くとしよう。

 

夜は高校時代からの友人に呼ばれて、妻と共に自宅にお邪魔をしてきた。多分、結婚して初めての「夫婦としての対外活動」ではないだろうか。先日の日記にも書いた通り、余りに他人と接していないので、軽い「対人恐怖症」になっているのではないか?と懸念をしていたが、杞憂に終わった。話も大変盛り上がってとても楽しい時間を過ごすことができた。僕自身もよいリハビリなった。友人に感謝。

 

この友人とは実際に同じ時間を過ごしたのは高校時代くらいのもので、後はそれぞれ別々の場所で大学生活・社会人生活を送っている。

・大学時代は、僕が東京・彼が九州
・社会人1~4年は、僕が愛知・彼が東京
・社会人5~8年は、僕が東京・彼が愛知
・現状では、僕が九州・彼が愛知

と見事なくらいに場所がスライドしていっている。

普通だったら疎遠になっていきそうなものだが、この関係が10数年続いているということで、相性が良いのだろうと思う。長年お互いのみっともない部分を色々見てきているので、今さら気取らなくてよいのも有り難い。僕が無職になろうが、今まで通り付き合うことができるだろう。社会人になってできた「友人」だとこうは行かない。

僕は友達なんてのは親友が3人くらい居ればいいと思っている。この病気になってから人間関係の整理をするようになって、その傾向がより強まった。尤も「捻くれてるから友達が少ないんだろ?」という意見は否定しないが(笑)