読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代ひねくれ者のがん闘病記

性格が捻くれた30男のがん闘病記 転移で第2章スタート

8/8 18D:半死人

入院42日目・放射線治療18日目。

体調は最悪。身体が重い。食欲はほぼゼロ。

しかも全く味がしないので、何も食べても気持ち悪くて吐きそうになる。なので、化療食(?)という食事に変更してもらった。カロリーゼリーとかの栄養学的に効率が良く、柔らかく食べやすい食事らしい。もはや死にかけのジジイだ。

喉は放射線の火傷で唾を飲みこむのもきつい。 唾液の分泌も殆どされなくなったので、口の中は常にカラカラだ。夜中も喉の痛みと喉の渇きでしょちゅう目が覚める。

味覚も治療後3~4か月は戻らないだろう。もう酸っぱさと苦さしか感じない。一番いらない2つの味覚のみが残っている。食べる楽しみが全くない。

今回は抗がん剤による脱毛は無いのが唯一の救いだ。

体調悪いので今日はこれくらい。きつい。