30代ひねくれ者のがん闘病記

性格が捻くれた30男のがん闘病記 転移で第2章スタート

5/26 ご無沙汰

悪い癖が出て、サボりがちになってしまった。

しかし、ブログの性質上、書くことが増えるということは、それは病気そのもの・もしくは病気に起因する出来事により苦しんでネタが増えているということだから、必ずしも喜ばしいことではない。別に病気関連に縛られることなく、いいことがあれば書いていけばいいだけの話なのだが、いいことも特段にないというのが現実だ(笑)

つまり、以前も同じことを書いたかもしれないが、書くことが無いということは、良くも悪くも安定はしているということなのだ。…という長期に更新をサボった時の恒例、長ったらしく、婉曲的な言い訳をさせてもらった。

 

しかし、久々のいいこと。

先日、九州がんセンターに入院中に仲良くなった方とお会いすることができた。入院中に比べると体力も大分戻られたようで、精力的に活動されており嬉しくなった。自分と近い病気の方が頑張っているのを見ると、とても元気づけられる。入院中はかなり弱られていたけど、本当はこんなにもエネルギッシュな方だったのだ。お陰様でエネルギーを充填することができた。

しかし、一方で自分はいつまで足踏みをしているのだろうかという気持ちにもなった。できないことにばかり目を向けるのではなく、できることに目を向けていこうと思ってはいるものの、どうしても病気以前の自分と比較して、勝手に自己嫌悪に陥ることが多い。

もう1年近く経つのだ。去年の今頃転移が分かって、絶望して、何かもう色々と人生が嫌になって、外科手術して、放射線当てて、味覚が無くなって、頭痛が酷くて、離婚して、ボロボロになって、何とか復職して…と色々あった1年だった。

これからは、できないことばかりに目を向けるのではなく、できたこと・できることに目を向けていくべきなのだ。そのように生き方を変えていくことこそが、病気になった数少ない意味というべきものだろう。

 

そして、あまり間も開けずに、更新していければと思う。久々の更新にもかかわらず、何のひねりも落ちもない内容で失礼しました(笑)

広告を非表示にする