30代ひねくれ者のがん闘病記

性格が捻くれた30男のがん闘病記 転移で第2章スタート

7/21 スヌーピー

ローソンのパンについているスヌーピーのシールを集めることが、日々の小さな楽しみになっている。シールを何枚集めると皿と交換できるというアレだ。普段僕は面倒くさがってこの手のシール集めはしないのだが、このスヌーピーに関しては集めてしまう。

というのも理由があって、去年の今頃も同じようなキャンペーンをやっていたのだ。去年の今頃と言えば九州がんセンターに入院真っ最中だった。この時はもう味覚が無くなりつつあって、辛うじて味を感じることができたシュークリームばかりを食べていた。そこにスヌーピーのシールが付いていたので、集めるようになったのだった。

しかし、去年は全て集めきることができなかった。途中で味覚を完全に消失して、シュークリームすら食べることができなくなったためだ。その後は日記に記しているような散々たる有様で、ゼリー以外のものが口にできず、ついには体重が60キロ代前半まで激減した。もう二度と思い出したくもない。

 

 

幸いにして、今はそれなりに復調し、まだまだ味覚は戻っていないものの、甘いものを食べて甘味をそれなりに感じるくらいには戻っている。だから今年の夏は親の仇のようにシュークリームを食べている。

そして、去年の夏の出来事を塗りつぶすようにシールをシートに1枚1枚貼っていく。このシールが全て集まってスヌーピーの皿を手に入れたとき、僕は去年の悪夢をまた一つ克服したと言えるのかもしれない。

本当に小さな喜びだ。