30代ひねくれ者のがん闘病記

性格が捻くれた30男のがん闘病記 転移で第2章スタート

9/14 近況

がんセンターで検査を受けた。問題なしとのこと。とりあえずはホッとした。しかし、寛解まで残り5年近くモヤモヤした気持ちを抱えながら生きなければならんとは。風雲たけし城の〇×クイズよろしく、5年間〇に飛び込み続けないと罰ゲームが待っているのだ。罰ゲームとは、言うまでもなく「死」だ。

完全に確率の問題なので、余り深くは考えない。

しかし、いつ死んでもいいように身辺整理は常にしている。

 

少し良い話題として、電験1種の1次試験を受けて通過した。そんなに勉強してないけど、通ってしまった。1次くらいなら軽く通過するだけの実力がついていたみたいだ。積み重ねては崩されの人生だけど、積み重ねた知識と努力は裏切らない。そして、僕にはもう、最後の財産である頭しか残されていない。

電験1種は電力会社・鉄道会社くらいしか必要とされない資格なので、取得に実用的な意味は余りないが、電気受験業界で職を得られるという別の道が開ける可能性がある。今の不安定な状態では色んな可能性を絶やさずに作っておくのが大事だと思っている。

因みに電験1種は全国で数十人しか合格者が出ない超難関試験だ。受かれば電気の神様になれるが、まず受からないだろう。しかし、僅かな可能性がある限り2次試験には挑戦はしてみるつもりだ。

なんせ僕は250万分の1を引き当てた男なのだから。