30代がん闘病記

転移で第2章スタート

11/8 弁理士結果

弁理士試験に最終合格した。

これで病気が再発して無職になっても、肩書上は「弁理士」として死ねる(笑)実はこれも士業取得の目的の一つでもあった。何を先のことを…と思われる方も多かろうが、そんなに先のことでもない可能性のある僕にとっては、どうやって死ぬかを考えておくのは結構大事なことだ。

別に僕の家系は大層なものではないが、最終的に無職で死んでも、葬送してくれる家族・親戚に恥をかかせないくらいの肩書ができたのではないだろうか。

 

手ごたえからして合格だろうとは思っていたが、やはり嬉しいものだ。

だが、頑張れば結果が出るというのは、ある意味当たり前すぎて当たり前すぎる。病気なんか、頑張ってもどうしようもないことばかりだった。僕はもう人生で病気以上の激烈な経験をすることはないのだろう。それが良いのか悪いのかは分からないが。

 

しかし、取得したはいいが、転職に成功したという事実を考えると、弁理士という資格もそこまで重要さを持ち得なくなってしまった。僕は無職になることを想定し、かつ転職先が見つからないという前提で弁理士試験を受けていた。

そして、何より転職先の会社には、無茶苦茶な人生の僕を信用して、雇ってくれた大きな恩義がある。にもかかわらず、入社してすぐに弁理士の資格をかざして異動を望むのは、信義則に反することだ。

ただ、入社後、がんが再発した場合の切り札としては十分使えるだろうし、そうでなくても、ハッタリとしては有用なので、存分に活用するつもりだ。

 

この数年、色々な出来事がありながら、よくも腐らず・諦めずに頑張ったものだと思い返している。正直、悔しいこと・苦しいこと・泣きたいことばかりだったが、この合格をひとつの区切りとして、これから新しい人生を頑張って行ける気がする。